2014-08-29

糸子高倉健説

 カーネーション 完全版 DVD-BOX2

それにしても「カーネーション」の中年期の糸子、頑固で無愛想なおっさんになりすぎじゃなかろうか。
客商売なので店頭での外面は悪くないけど、家の中ではいつも仏頂面、晩酌の後はゴロリ。
毎日眉間に皺を寄せて夜中まで一人でミシンに向かっている仕事中毒。
自分を慕ってくれる異性は大切に思いながらも素直になれないツンデレ。というか他人に指摘されるまで思いに気づかない鈍感ぶり。

自分の信じる正義に対しては熱くなるが、興味がない事柄には冷淡。
自分と同じ職を選んだ長女と次女はよく面倒をみるが、テニス選手の三女には無関心。無視され続けて寂しかった三女は、結局プロテニスプレイヤーの夢を捨てて服飾の道を選んでしまうほどである。そもそも若い頃から糸子は子育てにほとんど関心なし。
画家ではなく洋裁師に進路を変更した長女と次女に「洋裁をナメるな、甘く見るな」と説教していた割には、それまで何の勉強もしていなかったズブの素人の三女を洋裁師にしてしまう。それまで絵の才能があるとか洋裁が好きだとか一切話に出てきてなかったような気がするんだが、どこかで伏線があったっけ?
専門学校に三日ほど通ってやめた三女は母の店、姉の店の手伝いをしているうちにあれよあれよのうちに世界的なデザイナーになってしまうのだからスゴい。ついでに不登校の孫まであっという間にデザイナーにしてしまうのだから、あれ「カーネーション」の世界ではこの道、結構甘い?

糸子にとっては自分ルールがすべて。
ルールに則っていれば多少の不条理や無理は通す。ただし自分ルールからハズれる事は一切認めない。
義理や人情に心が動く時もすべて糸子独自の信念のもとに行動するから、時にははた迷惑だったり見当はずれだったりする。

まあ、つまり、絵に描いたような頑固一徹の職人である。
小林薫おとうちゃんも形無しの意固地で偏屈なおっさんなのである。
更年期だとか空の巣症候群だとか糸子にも事情があるのかもしれないけれど、いくらなんでもやることなすことおっさんすぎる。
今回の再放送は途中から見たせいか、やたらと糸子の嫌なところが目について弱ってしまう。

ところが、中年期の糸子をもしも高倉健が演じていたら…と思うと何もかも気にならなくなるから不思議。

苦虫をかみつぶしたような顔でも健さんだからOK。夕食時に無口でも健さんだからOK。他人の心の機微に疎くても健さんだからOK。家族同様の従業員への態度が不器用でも健さんだからオールOK。だって健さんだもの。

実はもう一つ弱ってしまう理由があって、この後、糸子が似ても似つかない別人に変身してしまうのがツラい。いつもニコニコ機嫌よく岸和田弁に似たおっとりした関西弁で喋る明るく品の良いオバサマになってしまうのがツラい。

あの柄の悪い糸子はどこ行った。
あの不機嫌で偏屈なおっさん糸子はどこ行った。

そして、奈津以外、糸子のまわりの人間が何故か一新されてしまうのもまたツラい。
親世代や同世代の人々は亡くなっていても不自然ではないが、年下と思われる従業員や家族づきあいをしていた人達の子らとも絶縁しているのがツラい。全員死に絶えてしまったのか。

尾野糸子最終日から夏木糸子初日の間に一体何があったのか。
ここまですべて変わってしまうなんておかしいじゃないか。

そこで私は考えた。

尾野糸子はいったん商売の規模を大幅に縮小して、長崎の周防の元へ行ってしまったのだ。
いつものように決断してから話す糸子。まさか、とあきれる番頭二人。糸子から「堪忍! この通り!」とか頭を下げられクビになったかもしれない。で、「センセの好きなようにすればよろし」で二人とも店をやめるわけだ。
店には留守番役に住み込みの縫い子を置いておいて、長崎と岸和田を往復する生活。
当然町内には昔のことを知っている年寄りがまだまだ健在なので、「糸ちゃんなんでまた…」「やれやれ、オハラのオバハンようやるわ」といった具合に皆なんとはなしに遠ざかっていく。
一方、長崎で慣れない農作業についた周防は病に倒れ、糸子は最期を看取ってから岸和田に帰ってくる。
昌子も恵もいない。近所の人や親戚も寄りつかない。
しかし、最初で最後の恋を実らせ、介護から葬式まで済ませた糸子はスッキリ気分爽快、気力充実。娘達はすっかり有名なデザイナーになってくれたし、ウチもオハラでもうひと花咲かせるで。

……てな感じでいかがでしょう。

というわけで、頑固なおっさん糸子を見るのがしんどい時は高倉健で想像してみる今日このごろ。予想以上にしっくり。
老年期の糸子も健さんでいいと思う。ギクシャクと愛想のいい高倉健の姿が充分想像できる。
「あの、年をとってから女の人が一人でメシを食うのは、自分は、その、いろいろダメだと思うんです…」とかなんとか言って独身の中年女性を集めて会食したりね。クリスマスケーキのエピソードも泣けるよ。なんてったって健さんだもの。
で、老年期の奈津役には津川雅彦でどうよ。【み】

2014-06-21

「カーネーション」[再]の感想(秘密・切なる願い)

再放送の「カーネーション」を途中から見始めたので放送を見た後のTwitterの投稿をまとめてみました。

第10週「秘密」


6月9日
久々にカーネーションを見たら非常に激しい回だった。…アンタは毒なんや!

6月11日
面倒臭いわ眠いわで歌舞伎を観にいくシーンからお婆ちゃんに無理矢理口紅をつけさせられて謎の女が登場して役者春太郎をほめてカーネーション柄のショールを買って貰ってウキウキ帰宅して夜中に家族という宝を再確認して翌朝偉そうに昌ちゃんに口紅を強要して「あ、きてしもた」巧いなあ。憎い程巧い。

もの凄く久しぶりに春太郎という人物を思い出した。すっかり忘れてた。若干イタチと混ざってた。なんでこんなに糸子に悪し様に罵られてるんだっけ? …ああそうだ、神戸のお婆ちゃんからスキャンダルを教えられた上に奈津やサエとつきあってるんだった。カンニングをして記憶を取り戻したよ。イヒヒ。


第11週「切なる願い」


6月16日
「カーネーション」修羅場の団欒。思わず朝から涙々。

6月17日
「カーネーション」火傷の包帯を替える時の痛みや悪臭、婦人会の皆さんの銃後の守りの信念とウマイことやってるオハラ洋装店へのやっかみ。宝田明と十朱幸代の豊かさ、華やかさに糸子達と一緒に救われる視聴者。一張羅の大島をモンペに仕立ててやったと言い放つ祖母の格好よさ。贅沢は素敵だ。

6月18日
「カーネーション」神戸の祖母曰く「辛気くさいは寿命を縮める」。目から鱗の糸子は善作とハルの寝室の窓を開け放し布団を干す。空気一新。けだし名言ながらそれは可愛い孫を見舞える財力と健康があってこそかもしれぬ。吹き込む風を寒がる祖母と父、豊かな神戸との格差に糸子は気づいているだろうか。

6月19日
「カーネーション」いくら年をとっても「泰蔵」というスイッチで娘時代の糸子の顔になる。りんちゃんの無邪気に対する昌ちゃんの気遣い。玄覺悠子はドタバタだけでなくこういうシーンを繊細に演じるので昌子が単なるコメディリリーフではなく頼りがいのある番頭として深い印象を残したのだと思う。

6月20日
「カーネーション」「起きといてほしい人らはなかなか起きてくれんと寝といてほしい人らはなかなか寝てくれへん」介護も育児も全て背負う糸子のしんどさをズバリ表現する巧い独白。泰蔵は次長課長井上によく似ている。やたらとバタつく木之元の演技は最後まで馴染めなかった。このご時世に長髪だし。

6月21日
「カーネーション」照れ屋の善作は糸子が新調した軍服に素直に礼が言えない。酒の差入れに喜び浮かれた勢いでようやく「おおきに」。あの世へ逝く時も素直に家族の元ではなく下駄屋の奥さんに挨拶する照れ屋ぶりだ。小林薫の名演がこのドラマの成功を決定づけたと思う。善作のいない小原家は寂しい。

【み】

2014-06-20

泰蔵兄ちゃんの秘密の箱

再放送の「カーネーション」を途中から見始めました。
今朝は第65話「切なる願い」。幼なじみの泰蔵兄ちゃんが出征する回です。

大火傷を負って寝たきりの善作、普段は移動にリアカーを使うのに、今日は泰蔵の出征の見送りに自分の足で歩いていくと言う。家族もつきそいの木岡のおっちゃんも止めるが、杖をついてどんどん歩いていってしまう。
善作は"不細工"なことが大嫌いなので、子供の頃から可愛がっていた泰蔵に情けない姿を見せたくないのだ。

喫茶「太鼓」で行われていたささやかな出征祝いになんとか間に合った善作一行。
善作のボロボロ の顔を見て驚く泰蔵。「どうしたんですか?」
泰蔵は善作がボヤを出して大火傷をしたことを知らない。小原家と安岡家が断絶しているのを示す巧い作り。

しかし、だ。
泰蔵の商売は大工さんだよ。
いつも道具箱担いで颯爽と歩いているじゃないか。
大工が近所のボヤを知らないなんてありえるんだろうか。
小原の家ではボヤを出した後、すぐに畳を替え、割れた窓ガラスを入れてたじゃないか。男手のない小原家、普請だって頼んだかもしれない。
今は故あってつきあいを断っているけれど親戚同様のつきあいをしていた泰蔵に大工仲間が噂話をしないなんてことがあるだろうか。
しかも、安岡家は美容院だ。
「こないだ小原さんち、火事があったみたいね」とか客が八重子に話したりしないだろうか。

泰蔵兄ちゃんが担いでいる道具箱があまりにも軽そうなので、もしかしたらあの箱はカラッポなのでは…という疑惑があった。
そんな疑惑についに決着がついたのではなかろうか。
そう、やはり泰蔵が担いでいた箱は道具箱ではなかった。

泰蔵は大工ではなく大工のコスプレをしている人だったのだ。

次男は療養中だが、長男は大工、母と長男の妻は美容院で働いている安岡家。いわゆる3馬力で稼いでいるわけだ。
戦争中でパーマネントが禁止されたとはいえ、カットやセット、カラーリングをする客は幾らでもいるだろう。
こんなご時世だから家を新築する人は少ないかもしれないけれど、男達が出征している戦争中だからこそ、大工さんは結構忙しいのではなかろうか。

だけど、小原家と安岡家が断絶する前は、糸子が安岡家の食卓を心配する程に家計が苦しかった様子。
それはつまり泰蔵が大工として稼いでいなかったからではないのか。

ウィキペディアの「カーネーション」のページによると、だんじり祭の大工方を7年務めたという泰蔵。だんじりを愛するあまり、1年365日だんじり気分を味わいたくて、大工のコスプレで街を闊歩していたのだ。
泰蔵がいつも軽々と担いでいるあの箱には、大工道具ではなく、だんじりへの愛と夢が詰まっていたのである。

……というのは、まあ、言うまでもなく冗談なんだけど、泰蔵・八重子夫婦が小原家の火事や善作の大火傷を知らなかったのはやっぱり腑に落ちないよね。

本放送を見ていた私は、善作が命を賭けて叫んだ万歳に送られ、心を病んだ母と弟、妻と幼い子らを残して戦地へ赴く泰蔵が二度と岸和田に戻ってこないのを知っている。
泰蔵の美しい横顔が画面に登場するだけで、明るくて元気で朗らかな糸子の娘時代が思い出されたものだが、それも今朝でおしまいである。寂しい。

そして、物陰に隠れて初恋の人を見送る奈津の切なさ。
八重子より先に夫を戦地へ見送っている糸子は、「八重子さんと奈津、どっちがつらいんやろう、ま、どっちもやろうな」と存外乾いた声で独白するのがリアル。糸子は恋する女の気持ちも夫を愛する妻の気持ちも実感できないのかもしれない。【み】

2013-04-03

「徹子の部屋」13/4/1 白石加代子

「百物語」ベストセレクション1
最近円朝ものを演じているという白石加代子。「怪談? 怖い?」「ううん、怖くないと思うの、本来能天気なヒトが演るんだから」…そして流れた舞台の映像を見て「怖いわよッ! 怖いじゃないのッ!」と連呼する黒柳徹子。完全に同意します。【み】

2013-03-21

「アンダー・カバー・ボス2 社長潜入捜査」

「アンダー・カバー・ボス2」(WOWOW)というリアリティ番組。企業のトップが変装し現場に潜入、体験を経営改善へつなげるという番組。意外なのは欧米では企業と被雇用者の関係はドライと押しえられてきたのに反し社員が結構ウェットな愛社精神をもっていること。【吉】

2013-02-16

映画「ローズマリーの赤ちゃん」

1966年の映画だがセリフに「セカンド・オピニオン」という言葉が出てくる。システムとして定着していたわけではなく単に「別の所見」という意味で使っていたのかもしれないが。【吉】

夫出演のヤマハのCMを見るミア・ファロー
この映画のミア・ファローは大竹しのぶサンにちょいと似て蝶。妊婦の前でパイプをふかす、エレベータの中で喫煙、子作りしようと決心した夜に夫婦で酒を飲む…など時代を感じさせる表現多し。売れない俳優の夫の唯一のメジャーな仕事はヤマハのテレビCMであった。【み】

2013-02-13

えりちん「描かないマンガ家」(4)

器根田先生の人生に大変な転機が…。この漫画、器根田先生のクズっぷりもさることながら出てくる女子が皆かわいくていい。【吉】